カドリオルグ美術館 

カドリオルグ美術館は、古代の芸術、主に西ヨーロッパとロシアの絵、グラフィック、彫刻及び応用美術の紹介、保存及び収蔵することを行う。博物館はタリン市カドリオルグ公園 に位置しているロシア皇帝ピョートル一世の夏のレジデンスとして建てられたバロックスタイルの宮殿の中にある。

カドリオルグ美術館は、エストニアにおいて海外美術にフォーカスする唯一の博物館である。

ここは、エストニア共和国の一番大きな西ヨーロッパー及びロシアの美術のコレクションである16~20世紀の作品、約9000点を含む。ほかは収集家のヨハネス・ミッケル(1907~2006)が収集した絵、グラフィック及びと陶磁器を保管するミッケル博物館も含まれている。

カドリオルグ美術館は、大規模な常設展示にて海外美術のコレクションの一番優秀な作品を紹介する。それに加えてヨーロッパの古代の芸術及び芸術の歴史を解説する展覧会を行う。カドリオルグ美術館の活動の目的は世界芸術遺産の紹介することと、独特のコレクションに国際的な脈絡を設けること及び古代の芸術に対する見学・解説方法を中断することである。美術館は展覧会の活動に加え、出版の活動も行い、毎春に会議を開催し、芸術の歴史に関する現在的なテーマを理論的に研究する。

美術館が歴史的なカドリオルグ宮殿にて活動できることは特別な価値がある。エストニアにおいて一番豪華なバロック宮殿はカドリオルグ公園と協力し、様々な行事に参加し、独特の活動を外にも広められる。すぐれた雰囲気のために、よくコンサートとレセプションの会場としても使われている。