潤沢と腐敗 − フィンランドとバルトのコレクションの静物画

潤沢と腐敗 − フィンランドとバルトのコレクションの静物画

時間: 21.01.17–14.05.17  10:00–17:00
場所: カドリオルグ美術館 

静物画は死んでいません!花束、フルーツバスケットや狩猟のトロフィーなどを描いた17〜18世紀のネーデルランド、イタリアとフランスの静物画に数世紀にわたって観客は魅せられてきました。本展では静物画のジャンルにかかわっている現代フィンランドとバルト三国の画家の作品も展示されています。

本展担当者:ケルトゥ・マンニステ(Kerttu Männiste)